ネイティブキャンプで生の英語に触れ赤ちゃんをバイリンガルに育てよう

ネイティブキャンプで生の英語に触れ赤ちゃんをバイリンガルに育てよう

ネイティブキャンプで生の英語に触れ赤ちゃんをバイリンガルに育てよう

生まれたばかりの赤ちゃんを腕に抱いた時、お母さんはどんなビジョンを思い浮かべるのでしょう。

 

こんな子に育ってほしいという理想は色々あるかと思いますがバイリンガルに育てたいならネイティブキャンプを是非フル活用しましょう。

 

 

物心つく前からネイティブな英語に触れさせてバイリンガルに育てましょう。

 

赤ちゃんに、どうネイティブキャンプを活用するのが有効?

 

バイリンガルの子供を育てたい!でも、まだしゃべれない赤ちゃんにネイティブキャンプのレッスンなんて無理!って思いますよね。

 

というか実際に、赤ちゃんは喋れませんのでレッスンは無理です。

 

その状況で、どうバイリンガルの子供を育てるのかといいますと、ネイティブキャンプでまず、お母さんが英語のシャワーを浴びましょう。

 

どこかで聞いた話かもしれませんが実は赤ちゃんって生後半年から8ヶ月の頃は母国語も英語も聞き分ける事ができるんです。

 

特に日本人が苦手なRとLの聞き分けも苦もなく出来るんです。

 

ただし、こんなすばらしい恵まれた時期には限りがあります。

 

生後10ヶ月になる頃には次第に自分に必要ない言語を聞き取らなくなってしまうのです。

 

なので、可能な限り、生後半年から8ヶ月までの時期の赤ちゃんにネイティブな英語のシャワーを浴びさせる事でバイリンガルへの第一歩の基礎が出来てきます。

 

もちろん生後10ヶ月を過ぎたから、もう無理!というわけではありません。

 

ネイティブな英語に触れ続けることでバイリンガルに育てることが出来ます。

 

そのために、まず英語に接する機会が極端に少ないこの状況を変える必要があります。

 

お母さんが積極的にネイティブな英語を口にして身近に英語がある環境を作りましょう。

 

けれど乳幼児に付きっ切りの状態で英語の勉強なんて至難の業!と思ってしまうかもしれませんがネイティブキャンプなら大丈夫!

 

ネイティブキャンプならPC若しくはスマホのアプリからでも、講師の枠が空いていれば予約なしでレッスンが受けれます。

 

レッスン時間も、たった25分ですので家事や育児に深刻な影響が出ることはありません。

 

万が一にもレッスン途中で赤ちゃんが起きてしまったり泣いてしまったりしたらレッスンを途中でやめる事も可能です。

 

他の英会話教室のように一定の金額を払って月々何回とレッスン回数が決まってる中の1枠で途中退席では、まだ10分残ってるのに!とか悔しいやら勿体無いやらといった気持ちも芽生えてしまうかもしれませんね。

 

けれどネイティブキャンプなら月のレッスン回数が無制限ですので、1枠2枠、そのような途中退席の事態に陥ってしまってもピリピリせずレッスンが進められるのではないでしょうか。

 

英語の知識の習得だけでなくリフレッシュも兼ねて、ネイティブキャンプで、お母さんも楽しく英語を学んでみませんか?

 

仮にそれでも、どうしても英語に対する苦手意識が改善されなかった!という場合でも安心してください。

 

例えお母さんが英語が苦手でも以下のポイントを押さえておけば赤ちゃんにお母さんの英語に対する苦手意識が伝わることはありませんし、お子さんにまでその苦手意識が植えつけられてしまうことはありません。

  1. 英語の歌のCDやDVDを積極的に視聴させよう。
  2. ママと英語を話す時間が楽しいと感じれる環境を作る。
  3. 育児に欠かせないキーワードを積極的に英語で語りかける。

CDやDVDだけではなく、実際にお母さんが英語の絵本を読み聞かせたいという場合でもネイティブキャンプでカバーできます。

 

ネイティブキャンプには絵本の読み聞かせや語りかけ対策向けの発音コースも設けられてます。

 

そんな環境で育児を続けて、子供が3〜4歳ぐらいになってきますと子ども自身もレッスンを受けれる年齢になってきますので、ネイティブキャンプのファミリープランなど利用して一緒に楽しく学ぶのも良いのではないでしょうか。

 

お母さんが話す英語だけではカバーし切れなかった口や舌の動かし方、発音の部分もしっかりカバーされよりネイティブな英語が話せるようになります。

 

知ってるお母さんも多いかもしれませんが2020年からは小学3、4年生で授業の中で英語が取り入れられます。

 

3〜4年生の時点では成績はつけられませんが、学年が5、6年生になると英語が必修化され5、6年生からは成績がつくようになります。

 

英語の授業でお子さんに苦労を感じさせないためにも小さいうちから英語が身近にある環境を整えてあげましょう。

 

当然ですが、小学3年生で初めて英語に触れる子供と物心つく前から英語に触れ合っていた子供では差があまりに大きいですね。

 

お子さんに英語の授業でストレスを感じさせないためにも英語教育に早めに取り組みましょう。

トップへ戻る