話題のネイティブキャンプを始めてみたいけど運営状況は大丈夫?

話題のネイティブキャンプを始めてみたいけど運営状況は大丈夫?

話題のネイティブキャンプを始めてみたいけど運営状況は大丈夫?

今注目を集めてるネイティブキャンプですが、より安心して学びを進めるために運営状況など把握していきましょう。

 

運営状態が芳しくなく講師も皆ギスギスした態度の英会話教室で学ぶより安定の運営を維持し丁寧に指導してくれる英会話教室で学びたいですよね。

 

まず、ネイティブキャンプの概要を見ていきましょう。

 

 

ネイティブキャンプは生活リズムの異なるユーザーが好きな時間に予約なしでレッスンを受けれて、且つ受講回数も気にせず英会話レッスンができる英会話サービスとして2015年の6月からサービスを開始しました。

 

それからわずか2年後の2017年5月にはユーザー5万人を突破するほど人気を博しました。

 

ネイティブキャンプはアジアにおいて最も成長してると言っても過言ではないオンライン英会話会社です。

 

アジア地域にとどまらずヨーロッパ地域・北欧地域で英会話サービス事業を運営し今も、その規模は急速に拡大を続けています。

 

インターネット回線を利用し世界中の英語の講師とオンラインのビデオ通話で接続、安価で且つ良質な1対1の英会話レッスンサービスをいつでも利用できるスタイルになっています。

 

オンライン英会話イコールSkypeのイメージが強いかもしれませんがネイティブキャンプはiponeやAndroidやタブレットで利用できる独自のアプリを使うためSkypeが無くてもレッスンを可能にしました。

 

このシステムは国内では初のリリースになります。

 

この利便性をさらに上回るのが冒頭でも触れましたが予約不要で月に何度でも1日何回でもレッスン受け放題という驚異のサービス内容です。

 

ここまでの時点で将来を期待して良い会社というのはご理解いただけると思いますがネイティブキャンプのサービスはここで留まりません。

 

他に個人向けのサービスは勿論、法人向けサービス、更には教育機関向けサービスとしても手ごろな価格でオンライン英会話レッスンを提供しています。

 

特に2020年に開催される東京オリンピックや小学3年生からの英語授業の導入など日本人の英語への関心の深まりがユーザー増加につながっていると考えられています。

 

2018年現在、ネイティブキャンプは近い将来上場を目指してる成長著しい運営状態も非常に安定した会社です。

運営状況は混雑状況にどう影響する?

さて、ネイティブキャンプ利用者から度々上がる残念な声として「混雑」があります。

 

この混雑、少なからず運営状況に関わってるようですね。

 

知名度やサービス内容が広く周知され会員が増える分レッスンも殺到しどうしても混雑が起きてしまいがちというのが現状です。

 

とはいえ混雑の回避方法が無いわけではありませんので個々に自分にあった方法で混雑を回避しましょう。

 

レッスン枠確保の競争率が激しくないのであれば、じっくりまず講師を選択し動画から講師の発音など確認し、よければそのままレッスン突入という流れを脳内で組み立てて問題ありません。

 

けれど、混雑する時間帯は、それではまず枠は押さえられませんので適宜更新をかけ、空いた講師がいれば選り好みせず飛び込みましょう。

 

トップへ戻る